上野の賃貸情報アップスタイル > 株式会社アップスタイル上野駅前店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸のシャワーのみ物件のメリットとデメリットについて

賃貸のシャワーのみ物件のメリットとデメリットについて《上野駅前店》

≪ 前へ|シャケのイクラの親子飯☆日暮里のデザイナーズ物件☆   記事一覧   毎日動画と写真を送ること!/みんな大好き三ノ輪♪|次へ ≫

賃貸のシャワーのみ物件のメリットとデメリットについて

カテゴリ:プロの意見。

賃貸のシャワーのみ物件のメリットとデメリットについて

賃貸物件選びをする場合、どこに注目して探したいのか人それぞれ異なります。
広くてゆったり浸かれるバスタブ付き物件に魅力を感じる方もいれば、シャワーのみで良いから、できるだけ家賃が安いほうが好ましいと考える方もいます。
ここでは、シャワーのみの賃貸のメリットとデメリット、向いている方や向いていない方などについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸のシャワーのみ物件のメリットとは

賃貸のシャワーのみ物件のメリットとは

シャワーのみの賃貸は、最近増えている物件で人気が高い傾向があります。
なかでも一番の魅力は、家賃が安いところが多いことで、できるだけ快適に暮らせて、かつ家賃を抑えられる部屋に住みたいという方に好まれています。
また、シャワーのみの賃貸だからこそ、シャワーにこだわっている物件もあります。
このほかにも、メリットがたくさんあります。

部屋を広く使うことができる

シャワーのみ賃貸の場合、シャワー室がコンパクトに造られていることが多く、その分居室が広く使えることが多いです。
ちょっとの差であっても、室内が広ければその分ゆったりと使用できますし、家具類を購入するときも選びやすくなるといったメリットもあります。

掃除が簡単で手間がかからない

一般的なバスタブ付きのバスルームは、掃除もなかなか大変なものです。
手間もかかりますし、掃除に使う洗剤もたくさん必要になるでしょう。
しかし、シャワーのみ賃貸であれば短時間で隅々まで綺麗にできますし、洗剤などもそれほど必要ありませんのでエコであるとも言えます。
いつでも手軽に清潔を保ちながら、気持ち良くシャワー室が使えることでしょう。

トイレとシャワーが別々に使用できる

賃貸のなかには、トイレとバスタブ、あるいはトイレとバスタブと洗面台が一緒になっている造りのものもあります。
このタイプにも家賃が安めになっていることが多いなど、メリットがたくさんあるのですが、それぞれを使用するときに狭いと感じたり、床が濡れてしまうと快適にトイレが使用しにくくなったりするといったデメリットもあります。
しかし、シャワーのみの賃貸であれば、こういったデメリットがありませんので、大胆に体を洗うことも可能です。
一般的に、トイレとお風呂が別々になっている物件は、家賃が高めになっていることも多いですが、このタイプであれば家賃を抑えつつトイレとお風呂が別々になった物件で生活することができます。

光熱費を節約できるかもしれない

バスタブにお湯を張ってお風呂に入る場合、お湯をたくさん使用することになります。
そのため、光熱費がかかりやすいのですが、シャワーのみであれば、その分お湯の節約につながりやすいといったメリットもあります。

賃貸のシャワーのみ物件のデメリットとは

賃貸のシャワーのみ物件のデメリットとは

シャワーのみ賃貸の一番のデメリットは、当然と言えば当然ですがバスタブがないことです。
お湯にゆっくり浸かることで、疲れを癒したり冷え対策をしたりすることもできますが、こういったことが一切できないのがマイナス点と言えるでしょう。
ほかにも、デメリットだと感じやすい点がいくつかあります。

脱衣所がないことが多い

一般的に、バスルームに入る前には大なり小なり脱衣所が用意されていますが、シャワーのみ賃貸の場合はこのスペースがありません。
そのため、居室で洋服を脱いで、そのままシャワー室に入るといった流れになることも多く、場合によってはストレスに感じることもあるかもしれません。
また、脱衣所がないということは、バスマットなどを置くスペースに悩むことも考えられます。
このあたりについては、そこで暮らす方が自分に合った工夫で対応することになるでしょう。

立ったままで使うので疲れると感じる人もいる

シャワーのみの賃貸のなかには、シャワー室があまり広く造られていないところもあります。
この場合、体を洗うときは立ったままになります。
そのため、疲れると感じる方もいるようです。
また、足までしっかり洗うことが難しいと感じる方もいますので、注意して洗う必要があるのもデメリットと言えばデメリットなのかもしれません。
しかしながら、物件によっては、比較的に広めになっているシャワー室が付いているところもありますので、スペースをチェックしながら賃貸選びをするのもおすすめです。
オシャレなデザインになっているところもありますので、イメージに合った物件を積極的に探してみてはいかがでしょうか。

換気に気を付けなければならない

シャワーのみの賃貸は、造りによっては湿気が気になります。
そのため、お部屋の湿度が高くならないように、日頃から注意しておく必要があります。
湿気が多いと、カビの原因になりますので、気を付けながら使うようにしましょう。

賃貸のシャワーのみ物件が向いている人とは

賃貸のシャワーのみ物件が向いている人とは

シャワーのみの賃貸が向いている人とは、現在もシャワーだけで済ませることが多い方や、バスタブに入らない生活に抵抗がない方などです。
お風呂に入るときは、絶対にバスタブに浸からなければ落ち着かない、温まることができない、癒されないという方にはあまり向いていないと言えそうです。
とくに、寒い季節でもバスタブを使わずに平気でいられるかといったことも、考えてみることをおすすめします。
また、バスタイムにこだわりたい方にも、こういったタイプはあまりおすすめできません。
忙しい方や、夜遅く帰ってくることが多く、できるだけ早く眠りたいという方にもおすすめです。

家賃を抑えながら新しい物件で暮らしたい方

シャワーのみの賃貸は人気があり、最近増えてきているとお伝えしましたが、こういった背景もあり、新しい物件が多い傾向があります。
一般的に、新しい物件は家賃が高いことが多いのですが、シャワーのみの賃貸であれば、安い家賃で新しい物件に住みやすいといった良さがあります。
さらに言えば、新しくて家賃が安めで、かつ駅から近い場所にある物件も探しやすいかもしれません。

節約しながら生活したい方

家賃が安めの賃貸が多いのはもちろん、バスタイムに必要な光熱費や、日頃の掃除などにかかる費用などを抑えることもできますので、生活費全体にかかる費用を抑えたい方にも、向いている物件だと言えるでしょう。
ちょっとした費用ではありますが、毎日のこととなるとその差はかなり出てくることが予想されますので、できるだけ節約できる生活がしたい方も是非ご検討ください。
同じく、掃除にかかる時間も節約できますので、一石二鳥だと言えるかもしれません。

できるだけ広い部屋で生活がしたい方

バスルームほどスペースを必要としないため、その分居室が広く利用できるので、できるだけ広い室内で暮らしたい方などにもおすすめです。
荷物が多めの方や、ゆったりと室内を使いたい方にとっては、メリットが少なくない造りだと言えるでしょう。

銭湯や温泉が好きな方

シャワーのみの賃貸で生活しながら、お湯に浸かりたいときは銭湯や温泉を利用しながら生活するのも、賢い方法です。
こういった利用方法がお好きな方や、苦にならないような方にも、シャワーのみの賃貸に向いている人だと言えるでしょう。

まとめ

シャワーのみ賃貸は人気があり、物件も増えてきています。
バスタブに浸かることができないなどのデメリットもありますが、経済的で掃除も楽にできるなどのメリットもたくさんありますので、検討してみてはいかがでしょうか。
このタイプの賃貸に向いている人は、現在もシャワーのみで生活している方や、バスタイムにあまりこだわりがない方などです。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|シャケのイクラの親子飯☆日暮里のデザイナーズ物件☆   記事一覧   毎日動画と写真を送ること!/みんな大好き三ノ輪♪|次へ ≫
  • ブログ アップスタイル
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)優良店認定
    • 賃貸不動産経営管理士
    • 国土交通大臣(1)第000347号
    • ぺい楽賃
    • ハウスペイメント
  • UR都市機構
  • らくらく分割払い
  • スタッフ紹介
  • 過去ブログ倉庫
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アップスタイル上野駅前店
    • 〒110-0005
    • 東京都台東区上野6丁目16-13
      藤屋ビル4階
    • TEL/03-5807-9212
    • FAX/03-3835-2129
    • 東京都知事 (4) 第85744号
      賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(1)000347号
  • 本社
  • プロパティマネジメント事業部
  • お部屋.com
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • Facebook
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約